NEWS 056/ 個展を開催します。

東京東神田のKanzan galleryにて個展を開催します。


写真家・藤倉翼は2021年4月に自身初の作品集となる『NEON-SIGN Tsubasa Fujikura』を発売しました。

この作品集は2008年から制作が続けられている同名の作品を初期からまとめられており、2021年に札幌芸術の森美術館にて開催された展覧会にて展示された最新のインスタレーション作品も掲載されています。

今回の展示『NEON-SIGN8』はこれを記念し、近年の代表作から2021年制作の新作まで展示されます。藤倉は些細な興味から出発したこの作品を、失われつつある職人のクラフトマンシップと重ね合わせ、自身が敬愛する1960年代、70年代のカルチャーを紐解きながら、制作する作品のブラッシュアップを続けてきました。

一見して実験的かつ趣味的にも思える藤倉の作品は、モチーフであるネオンサインを通したクラフトマンシップや広告手法、時代性、美術史など様々なキーワードを通して読み解く面白さがあります。

様々な関係性が迷路のように入り組む作品群を、ぜひ展示会場でお楽しみください。


Kanzan galleryのウェブサイトより



作品集刊行記念展という素晴らしいチャンスをいただきました。

関係者の皆さまには心からお礼申し上げます。

展覧会では作品集の販売のほか、今年に制作した新作を前回の札幌芸術の森美術館とは違う方法で展示します。

この展示方法は新作完成時からずっと狙っていたもの。こんなに早く実現するとは思いもしませんでした。

私自身こそ楽しみでたまりません!


作品は先日無事発送されました。


雰囲気のあるギャラリーですので、それを生かした美しい展示にしたいと思います。

まずは無事に作品が現地に到着しますように!